健保からのお知らせ

2014/11/17

医療費通知の偽装メールにご注意ください

健康保険組合からの医療費通知を装い、ウイルスを仕込んだメールが送られているという、偽装メールについての記事が、11月8日(土)の毎日新聞夕刊に掲載されました。

偽装メールは健康保険組合事務局などを装い、件名に「医療費通知のお知らせ」などと記載し、今年9月ごろから確認されており、偽装メールの添付ファイルを開くと不正プログラムが働き、ウイルスに感染、外部からPCを遠隔操作される恐れがあるとのことです。

 

蝶理健康保険組合では、メールにファイルを添付して医療費通知をお送りすることはありません。ウェブ上で、各個人がIDとパスワードでアクセスの上、医療費を照会するシステムになっています。 

 

もし、健康保険組合から添付ファイル付のメールを受け取られた場合は、メールを削除の上、健康保険組合あてにご一報下さい。よろしくお願いします。