被扶養者健診補助

年に一度は健診を受けましょう

蝶理健康保険組合では、35歳以上の被扶養者の方を対象に「健康診断」の補助事業を行っています。

1年に1回、健診を受診頂くことは、疾病の早期発見、早期治療に繋がり、また生活習慣を振り返り、改善するきっかけにもなります。毎年受診してご自身の身体の状態を把握しましょう。

特に40歳~74歳の方については、国が定めた「特定健診」を受診いただく必要があります。年に一度の健診を習慣づけて、健康家族をめざしましょう!

受診手続・補助金の申請方法

受診方法 当健康保険組合は集合契約を締結していませんので、特定健診の「受診券」を発行しておりません。直接、健診機関に申し込みの上、受診ください。
必ず「特定健診」の項目を含んだ健診を受診願います。
対象者 35歳~74歳の被扶養者
補助金金額 32,000円を上限に補助(年1回)
申請方法

下記、健康保険組合が個別契約をしている健診機関で受診される場合には、健診費用から補助金額を差し引いた、自己負担分のみをお支払下さい。申請書の提出は不要です。

その他の健診機関で受診される場合は、受診費用を健診機関にて一旦全額お支払頂き、後日、下記ご提出ください。

①被扶養者健診 補助金申請書

②領収書本紙(コピー不可)

③問診票を含む「健診結果報告書」すべてのコピー

お住まいの市町村、パート先等で健康診断を受診された方も健診結果の健康保険組合への提出にご協力お願い致します。

補助金支払方法 償還払い
蝶理(株):給与に上乗せ
蝶理(株)以外:指定の銀行口座に振込
提出先 健康保険組合または各事業所の社会保険担当

注意事項

  1. 健康保険組合では、ご主人の健診時期にあわせた、ご夫婦一緒の受診を推奨しています。ご希望の方は、ご主人経由で健康保険組合にお申し込みください。
    【大阪】健診機関→大阪中央病院
    【東京】健診機関→こころとからだの元氣プラザ
    上記健診機関は、健康保険組合が個別契約を締結していますので、補助金申請手続きは不要です。32,000円を越える自己負担分のみ窓口でお支払ください。

蝶理健康保険組合が個別契約をしている健診機関リスト

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接か各事業所の社会保険担当に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。