よくある質問

介護保険について

介護保険はなぜつくられたのですか?

本格的な少子高齢社会の到来により、介護を必要とする人は、急速に増加し、その程度も重度化、長期化しているため、医療費の圧迫要因になっています。また、核家族化の進行、介護する家族の高齢化など、要介護高齢者を支えてきた家族をめぐる状況も変化してきました。このため、老後の最大の不安要因である介護を社会全体で支え合うしくみをつくるため、介護保険制度が創設されました。

介護保険の被保険者について教えてください。

市区町村の区域内に住所を有する65歳以上の人を第1号被保険者といい、介護保険料は年額18万円以上の老齢年金受給者の年金額から天引きされます。ただし、年額18万円未満の場合は、個別に納付します。また、市区町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険の加入者を第2号被保険者といい、介護保険料は健康保険料や国民健康保険税等に上乗せして徴収されます。第2号被保険者の場合、介護保険による介護サービスは受けられませんが、初老期の認知症、脳血管疾患など加齢に伴う病気によって、介護が必要になったときに限り、給付が受けられます。

介護保険の被保険者になる場合、手続きが必要ですか?

介護保険の被保険者は40歳以上の方が対象ですが、健康保険組合で該当者を把握できるため手続きは不要です。但し、下記適用除外の条件に当てはまった場合や、逆に当てはまらなくなった場合は、事業主を経由して届出が必要となります。
①国内に住所を有しない方
②在留資格または在留見込期間1年未満の短期滞在の外国人
③身体障害者療護施設等、適用除外施設の入所者

65歳になって市区町村から介護保険料の請求が届きましたが、健康保険組合からも引き続き介護保険料を請求されました。二重払いになっていませんか?

蝶理健康保険組合では、規約第五章第45条の2にて「特定被保険者の保険料額」について定めており、被保険者が介護保険の第1号被保険者(65歳以上)になっても、被扶養者が第2号被保険者(40歳以上65歳未満)に該当する場合は、引き続き介護保険を徴収しています。